NoCodeの熱

コードを書かずにサービスを作成するNoCode。 その熱の高まりを感じました。

NoCodeの熱という物を最近感じます。

実際、今日、NoCodeの登壇オンラインイベントを開催したいと思い、Twitterで声を掛けました。

その結果、凄い高い熱量の方々が参加を表明してくれました。

私には嬉しい誤算といったところです。

このサービス「カベウチ」もNoCodeで作成しています。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

NoCodeによる開発。 カベウチサービスなどの例

https://idea-kabeuchi.com/blog-posts/kabeutinozuo-cheng

さて、でもNoCodeが注目され始めたのは、この1年ぐらいといっても良いでしょう。

細かく言うと

 ・今まではNoCodeではまともにシステム開発が出来ない、(質の担保が出来てなかった。)

 ・プラットフォームやIPaaSが高性能化し、現実利用に耐えうるサービスになってきた。それが恐らく去年辺り。

 ・今年に入り、「NoCodeが便利だ!!」ということが広まり、一気に名が売れてきた。

といった所だと思います。

実際にGoogleTrendsで、過去5年の様子を見ると、

 ・2018年の時ですら殆ど注目されず。

 ・注目され始めたのは、2019の年末近く。

という傾向です。これは、世界全体で見ても、ほぼ同じです。

(注目度が0では無く、細々と注目されつづけてた、というのが日本との違いでしょうか)

さて、この「NoCodeが実用に耐えうる状況になってきた。」というのは、システム開発における大きな変化の波だと思います。

 この波に上手く対応出来るか、否か?

というのは、システム開発従事者のみならず、ネットワークサービスを利用するほぼすべての産業への、大きなインパクトになっていくと思います。

最近の記事